大体、フィクション。

140字じゃ足らない

おいしいおかし

 

 

 頂いた野菜のおかし。



f:id:healthy123:20161222221850j:image

生姜のフィナンシェ。

これはまだ食べていないけど、

紫芋のどら焼きはおいしかったです。

セーラームーン巡り



こんばんは。
先日は、北海道から友人がきてくれたので一緒にセーラームーンの聖地、麻布十番を探検して参りました。漫画とアニメはストーリー?がちょっと違うので、だいぶ発見できてないコマもあるし、なんせ 18 巻あるので、途中で読むの挫折したよね。
でも情熱冷めたら悲しいので、とりあえず書く。のちのち編集しましょう。
ということで、当日の日記。
 
集合は、 10 時にしました。
高級住宅街のイメージで、なかなか敷居の高い街です、麻布十番
改札を出ると、もはやサンタなのかってくらい大きいビニール袋とガラガラを持った友人がおりました。前日、横浜散策した模様。これから歩き回るのに大丈夫か?
とりあえずブラックサンダー(北海道限定)をもらいました。
(ありがとう、美味しかったです。)
 
まず一番最初にみつけた、セーラームーンの親友、なるちゃん(凡人)のおうち。のモデルになった、ビル。


f:id:healthy123:20161222215723j:image


f:id:healthy123:20161222215759j:image

その後、セーラームーン(センター)がはじめてまもちゃん(仮面)に出会う商店街の前。
f:id:healthy123:20161222215902j:image

f:id:healthy123:20161222215843j:image

 

新しいセーラームーンはちゃんとこのつくしみたいなオブジェになっている模様。

 


まもちゃん(仮面)と亜美ちゃん(青)が進路相談したという広場。


レイちゃん(赤)が抽選会した場所。


ちびうさ(小ピンク)が帰り道歩いた暗闇坂


レイちゃん(赤)の神社。麻布十番の漫画、


f:id:healthy123:20161222220053j:image

f:id:healthy123:20161222220129j:image

f:id:healthy123:20161222220019j:image

 赤坂のアニメバージョン。

 



f:id:healthy123:20161222220259j:image


f:id:healthy123:20161222220209j:image

レイちゃんちの家の前付近の神隠しに遭う、バス停

 


f:id:healthy123:20161222220237j:image

f:id:healthy123:20161222220337j:image

まもちゃん(仮面)の学校。

 


f:id:healthy123:20161222220447j:image

f:id:healthy123:20161222220422j:image

ちびうさ(小ピンク)が大体ブランコのってる公園


まもちゃん(仮面)亜美ちゃん(青)がよくいく図書


ネフライト(敵、のちに仮面の忠実な部下だったことが判明)が、
なるちゃん(凡人)と惹かれあったのち、なるちゃんをかばって亡くなる悲恋の公園

 


f:id:healthy123:20161222220520j:image


f:id:healthy123:20161222220532j:image
地下に指令室があるゲームセンター

 


f:id:healthy123:20161222220705j:image

f:id:healthy123:20161222220618j:image
レイちゃん(赤)のお嬢様学校

 

 画像探せたのはこんなもんかな。
意外と沢山回った気がしますがどこもすぐ回れちゃう距離にあったので、あっさり回れました。わたし的にはセーラームーンはさておき氷川神社、赤坂のほうのアニメ版レイちゃんのおうちが夕方に行ったのでしっかり見れなくて残念だったけれど、一番なんだろう、ライトアップされたのが美しくて印象に残りました。もう一度明るいときに行きたいね。
全然関係ないけど根津にある根津神社は夜行ったら怖すぎて逃げてきたのに、なんだろう、鳥居のない、よくわからん入り口から入ったせいか、ガンガン進めました。とは言いつつも、根津神社も鳥居がいっぱいあって素敵です。鳥居がさ、怖いよね、神秘的だとも思うけれど。
おみくじはね、どうせあと一か月もしないうちに引くのにひきました。
中吉の割には今は何事もタイミングじゃない、って書いてあって、なんだか納得しましたね。
お守りも、いつぶりかもわかりませんが買いました。
以前、男友達が「お前に!」ってくれた縁結びのお守りくれた以来、お守りを持ち歩いたことなどないのでそれを今年は焚きあげてもらってお神酒飲んでこの厄除けのお守りと一年過ごしていきたいと思ってます。
 
そんなかんじかな。TV朝日とスヌーピー博物館にもいきましたが、割愛。
スヌーピーって自分が犬であることに疑問持った結果の、あれらしいよ。
なんだか深い生き物だったと知る。

徘徊ツアー

こんばんは。

こないだはあんまりにも素敵な時間を過ごしたものだから、久々に文字を書きたくなって、ブログを書き始めることにしました。

お友達がおすすめしてくれたから、はてな にしてみた。すぐアドバイスくれるの、有難う。

 

わたしが中学生の時は、つぶやくよりもHPやっているひとが多かったし、ブログのランキングが沢山あって、ランキングを飛んで見ず知らずのひとのブログ読むのが好きだったのだけれどいつの間にかつぶやく、ってことが主流になっちゃって、周りはほとんどブログを更新しなくなってしまって、読み応えを楽しめなくなってしまった。

最近はつぶやくのさえ、わたしの周りはしなくなってしまって、まあ、さみしい。

でもまあ、話すネタのほとんどを会う前に仕入れちゃう、みたいな状況もさみしいのだけど。

 

それはさておき、大好きなSyrup16gのライブにいってきた。

これが書きたくてブログ書くか!ってなったわけだよ。現時点で414文字らしいからさ。

140字じゃ足らない。

いつぞやはライブに行ったらレポートをしていたけど、もうずっとしていない。

自分が書くとすると読み手のための正確性をさ、意識してしまうようになる。

ザクッとセットリスト覚えられる記憶力あるひとだったり、すごいよね。全然覚えられない。

そもそも五十嵐さんが何言ってたか書いておきたい。でも、全然聞き取れてない。

正直、文章にしないとマジ!なまら!やばい!で完結しちゃえるもんだけど、あんなに素敵だったわけで、もったいないので、ない語彙力絞り出して、ただただ主観のうれしかったことを書いておく。メモ。

 

初めて最前列、丁度カメラさんの後ろにいた、きっとDVDになると思われる映像を誰よりも早く見れたと思っている。一番最初に見たSyrupは本当に豆粒みたいでマイクに飛ぶ汗だか唾だかを数えるくらいしかできないくらい顔もなにもわからなかった。それから重ねたライブでようやっとここまできたか、と。顔が見える。弾いてる手元が見える。

散々テレビで見た顔がそのままそこにいるというのは不思議なもんでした。

最速会で聞いた曲たちはCDを買って聞いたにしても、一日流した程度で正直あまり聞いていなかった。

でも、流れると何となく口ずさめる。ああ、そう、聞いた、これだ。って口ずさめるのはみんなもそうなのだろうか。耳に残る音作りなのかなあ。と、音楽がさっぱりわからないなりに思った。曲でいえば初めて生で聞く曲が多くて、特に不眠症はうれしかった。

私は基本的にSyrupの歌詞の根底には傷つけていいのは自分自身だけ!ってスタンスだと思っていて、それが不眠症には特によりそう感じて心地がよい。

アルバムはその日で好きなものが変わるので安易にどれも選べないけれど、それでもやっぱり一番HELL‐SEEが一番すきだ。

あとは遊体離脱、タクシードライバー、Drawnthelight、あたりがはじめて聞いたのかな。

透明な日も生還で聞いたきりでいたのでうれしかった。

開演前に後ろの女性が開演前に流れた女性のうたについて言っていたのだけど、それも、神様がキーワードで、これが覚えてないのすごい悔やまれている。

このBGMも徘徊の伏線なのだろうか。気になるところでした。

Mylovessoldは、前回も散々言ったけれど、五十嵐さんの、生きていたいとおもったんです、が聞けて本当にうれしい。でも、わたしの思うような、生きていたい顔していなかったのだけどね。二丁拳銃の時とか目見開いて敵が迫ってるみたいな顔してましたね。

でもそんな曲をセトリにいれてくれただけでも、うれしいところです。

あとはリアルだな、MCで今回ツアーを回れてよかった、っていったあとのリアル。

エンターテイナーになる、なんだ、っていう覚悟、みたいに感じた。

 

曲をあげればキリがないので、このへんで。

基本的にはメロディアスな曲がすきなのだけれど、勢いのある曲はライブで聞くと本当に映える。かっこよかった。帰宅してCDで流しても物足りなく感じてしまうくらいだった。

 

終える前は、いつ、行けなくなる、行かなくなる日がくるのだろうと思った。

誰かも言っていたけど、昔のSyrupの音を求めてCDを買う、新曲を聞く、ああ、なんか違うな、って傷つく。でも懲りずにまた期待して新曲を買う。違う、これじゃないって言いながらも、聞くのは止めないんだ?と思わせる律儀なファン層、そうさせる魅力と不思議な力がある。

これ本当にそうだな、と思うし、いくつも新曲重ねて聞かなくなるバンドもあった事実がいつかSyrupにもそういう日が来ることに怯える。アイデンティティだもん。ほぼ。

 

ライブへは有り難いことに、ひとに恵まれて、いつも会場にたどり着く。

地方のライブには行っていないから、厳密にいえばもう行ってない日もあるのだけど。

この辺でキリのいいところを、自らの引き際を見つけて、最高の思い出のままにしておくほうがいいのかなと思ったりもした。けれど、終えてみたら、すげえつまんないこと考えていたな、と思うライブでありました。贅沢いえばキリないほどまだまだ聞きたい曲がある。パレードとThisisjustsongformeも聞いていないし。バリ死も聞いていない。

まだまだあげる聞いてない曲を聞かずには終われないな、と思いました。

新曲は、最初からすべて受け入れるわけではないけれど、必ず馴染む。

今回の新曲もすきだって思える。昔のままではないけれど、相変わらず切なくてより綺麗になった気がする。Murderyouknow、illbethereがまあ、結構すきだな。

まあ、いつ行かなくなったとしてもきっと一生聞いていくバンドには違いないから考えるのをやめた。そう思えるくらい、いいライブだった。最高にかっこよかった。

 

そうしてもうひとつ、最後に最大限うれしかったこと。

連絡を長年していない友人がいる。彼女もライブにきていたらしかった。

その子がフェイスブックにつぶやいてくれた、私が元気にしているか、Syrupを聞いたら私を思い出した。って言ってくれたこと。

ツイッターで会場で会えるだろうって思っていたけど、会いそびれた、って思い出してくれること。上記にも書いたけれど、もうほぼ、アイデンティティだ。他人から見る「あの子のすきなもの」ほぼトップに君臨しているであろうSyrup16gをわたし自身と記憶で繋いでくれるのはとてもうれしかった。

そういうひとに出会えて本当にうれしい。またわたしからしてもSyrup16とあなた、記憶で繋げる友人がいて、そのひとの思いに触れるだけで幸せを分けてもらえて、とても感謝です。いいよね、syrup16g

まあ、今は就職活動中なので、特にインドアせざるえなくて、なかなか腰が重たいわたしですが就職した暁にはみなさまとごはんいけたらいいなあ。と思っております。

そんなかんじで、Syrup16g、徘徊ツアー最高でした。

来年CD頑張ってくれるそうなので、またそれをたのしみに。

いつぞやから今日までも有難う。